システム開発に必要なプログラム

オリジナル見出し01

プログラムとは要求された機能を実現するための手段ですが、プログラマーによって技能や書き方に差があることから長らく標準化するためにさまざまな試みが行われてきていますが有効な手段がまだ見つかっていないようです。

そもそもプログラムとはコンピューターにわかるように人間が仕事の内容を伝える手段です。
プログラムには長らくマシン語と呼ばれるコンピュータが理解しやすい言語で書かれていました。
しかし、実現したい機能が増えるに従いマシン語では開発が困難になっていきます。


そこで生まれたのが高級言語と呼ばれる人間が理解しやすい言語です。
CやJava、PHPなどさまざまなプログラミング言語が開発されています。
システム開発ではこれら高級言語を使って構築しますが、構築にあたっては仕様を定める作業を行い、プログラマに指示をします。


仕様書にはプログラムで実現すべき処理内容に加え、入力データ、出力結果が記載されています。
システム開発では仕様書が最優先されることになり、プログラミング時に仕様書の不備を見つけた場合にはプログラミングを中断して修正を依頼することが必要になります。
また、プログラミングが終わった段階で単体テストを行います。


単体テストではプログラム単体で仕様書通りにできているかがチェックされます。

システム用のモジュールやコンポーネントのように複数のプログラムによるテストはプログラマが行なわず、専任のスタッフによって行なわれることもあります。帳票はほとんどのシステムで利用するデータ出力の方法です。

ペーパーレスのシステムであってもPDFなどに帳票をデータ化して扱うことが多いようです。

これら印刷、ペーパーレス用のファイルは主に帳票を作るための各種ライブラリを使うことが多いです。
帳票を作成するライブラリには2つあり、1つはプリンタ制御まで行なうライブラリ集、もう1つはファイル作成に特化したタイプです。どちらも汎用的に使えるようにライブラリ化しています。
システム開発では利用するプリンタやペーパーレス用のデータ表示装置に合わせてライブラリを選ぶことになります。


ただし、現在では専用の帳票が必要な場合でもコスト削減のためにプリンタは一般的に販売されているプリンタを利用することが多くなっており、ライブラリもPDFやPSファイルのようにプリンタで扱い易いデータを出力することが多くなっています。

システム開発において帳票ライブラリを使う際には表をすべて印刷するのか既存の表付き拍子に記入するタイプかによって変わってきます。

フランチャイズの加盟の専門技術を身につけましょう。

利便性を重視した調達BPO情報探しで悩んだ時に見てほしいサイトです。

購買システムを情報を幅広くご活用下さい。

購買アウトソーシングについて知っておくと便利なことが良く分かるお得なサイトです。



http://oshiete.goo.ne.jp/qa/9233921.html

http://smany.jp/5131



関連リンク

  • タイトル21

    一般的に小規模なプロジェクトでも一人で開発するということは少なく、複数のプログラマで開発をすることが多いと思います。その際、ただ単に機能毎に人を割り振るやり方もありますが、設計を適切に行い、テスト重視で開発を行なうことが多くなってきています。...

  • タイトル22

    システム開発は以前とは違い、他社のライブラリでもフレームワークでもライセンス上使えるものはどんどん採用して開発スピード、効率を上げることが重要であると考えられるようになっています。そのため、以前では考えられなかったオープンソースプロジェクトの成果物でも率先して利用するプロジェクトが増えています。...