タイムスライシングシステム

オリジナル見出し01

タイムスライシングシステムというのは、マルチタスクを行う上でのハードウェア側で強制的に行う考え方のひとつです。

Windowsのマルチタスクと言うのはOS上のソフトウェアで行っており、そのときの優先度は個々に指定する事はできないのです。

しかし、大型コンピュータ、UNIX系などの場合、ハードウェアのシステム側でその処理を持っているので、各アプリケーションがそのときの優先度を持たせる事ができます。
どちらにしても時間軸で処理を切る事になるのですが、処理が帰って来た時に続きが出来るように実行中の処理を強制的にスライスします。


そこで出てくる言葉がアイドルタイムと言うものです。

このアイドルタイムと言うのはコンピュータの頭脳でもあるCPUが手が空き、時間のあるときに別の処理を行うと言うものです。これもマルチタスクと言う事ができ、処理待ちしているキューの様な溜まった物の中で、手が空いているならそれを行おうと言う考え方です。Windowsでは、ライトバッファと言う言葉でご存知の方もいらっしゃるかもしれません。
ライトバッファとは、メモリから、2時記憶装置、すなわちハードディスクなどに書き込む際に、いったんメモリの中にそのデータを蓄え、そしてCPUのアイドルタイムの中から実際にドライブに書き込むシステムなのです。

これにより処理能力が飛躍的に向上したのは良いのですが、書き込んだと言う答えが返って来ているのに実際にはまだ書き込みを行っていないので、コンセントが抜けたときなどはデータが飛んでしまうので要注意でしょう。

この辺がコンピュータOSの面白いところだと感じています。データベースはシステムの規模によってさまざまな製品、オープンソースプロジェクトの成果物から選べます。

データベースには文字の他に数字、画像、動画などなんでも取り込めますが、多くの場合は文字と数字の扱いが多いです。また、データベースは稼働環境に応じて選ぶことも大事です。もっとも小規模な場合はファイルとして存在しており、プログラム側から直接ファイルを開いてデータベースを利用することができますし、大規模なデータベースになれば複数台のデータベースサーバから適切なデータを取り出すこともできます。

システムの規模と扱うデータ量、接続する人数で選び方は全く異なります。


市販のデータベースとしてはマイクロソフト社のSQLサーバ、Oracle社のOracle、IBM社のDB2がよく使われています。


小規模なシステムの場合はオラクル社のMysqlなどが利用されることが多いですが、最近ではオープンソースプロジェクトのデータベースもシステム開発でよく使われるようになってきています。
システム開発で使われるオープンソースプロジェクトのデータベースとしてはMySQL、Postgresql、H2、Sqliteなどがあります。
特にSqliteについてはファイルとして存在するのでWEBでもよく使われているデータベースです。







cdの朗読の情報がわかりやすく紹介されています。

飲食店の売上が有名になってきました。



http://news.mynavi.jp/column/androidnow/120/

http://okwave.jp/qa/q5133126.html

関連リンク

  • タイトル21

    一般的に小規模なプロジェクトでも一人で開発するということは少なく、複数のプログラマで開発をすることが多いと思います。その際、ただ単に機能毎に人を割り振るやり方もありますが、設計を適切に行い、テスト重視で開発を行なうことが多くなってきています。...

  • タイトル22

    システム開発は以前とは違い、他社のライブラリでもフレームワークでもライセンス上使えるものはどんどん採用して開発スピード、効率を上げることが重要であると考えられるようになっています。そのため、以前では考えられなかったオープンソースプロジェクトの成果物でも率先して利用するプロジェクトが増えています。...