システム開発の役割分担

オリジナル見出し01

システム開発は長い道のりでありますが、規模の大小に関わらず役割分担を適切に行えばスムーズな開発になると考えられています。
システム開発は家を建てるのによく例えられます。
家は建て主である発注元が建築士や施工会社に依頼して立てます。
システム開発でもシステムエンジニアや開発会社が発注主と相談しながら欲しい機能を設定したり、利用しなくてはならないソフトウエアなどをピックアップしていき、ゴールとおおまかな動きをまとめて発注主に説明します。


家の設計図はこの時点ではなく、完成予想図的なものが成果物として提出され、合意が取れれば開発開始となります。

マイナンバー収集がさらに話題になりそうです。

次はプログラム作成となりますが、実際の家と同様に要望を叶えるために設計図を作ります。

飲食店の経営の分かりやすい情報はこちらです。

また、設計図をもとに必要な木材などの材料が集められ、大工さんにどのように作るか指示されます。

プログラムの場合も利用するソフトウエアなどが用意され、プログラムを書くための仕様書が提示されます。



建築の場合は工期のまま済むことが多いですが、天候不順などがあれば伸びてしまいます。

最近話題のマイナンバーシステムの評判が高いです。

コーディングの場合は天気は関係ありませんが、仕様書によっては工期が延びることも多いようです。

しかし、建築の場合と同様に人員を単純に追加しても問題が解決することは少ないため、仕様書の設計には時間をかけて確実なものを作るプロジェクトが多くなってきています。

本物の間接材調達の口コミ情報をまとめました。

その後は性能がしっかりでているか、仕様書や設計図どおりにできているかが検査されて納品となりますシステムが開発終了後各種テストを行って運用開始となりますが、運用開始の段階になって準備を始めるプロジェクトも多いようです。
しかし、実際には発注者との打ち合わせの段階から運用については意見統一をしておくことが大事であると言われています。

http://news.biglobe.ne.jp/topics/it/1024/49196.html

運用といえば、ハードウエアが故障するまで使い続け、故障時に対応すればよいというものではありません。

http://jp.reuters.com/article/idJPJAPAN-24352520111125

日々、作成したソフトウエアが正しく運用されていか確認し、また、想定されているパフォーマンスが出ているかの確認は必須と言えます。
システム開発で運用フェーズに問題が山積しているプロジェクトはかなりあります。

そのどれもが発注者との打ち合わせがうまく言っていなかったか、コーディングに問題があるケースです。


発注者との打ち合わせがうまく行っていない場合はシステム完成後に目的としたパフォーマンスについての齟齬が発生することが多々あります。


特にデータ入力の際のレスポンスやバッチ処理などの長時間計算が必要な場合にお互いに思っている時間がずれている場合にモメることが多いようです。
この場合、プログラムチームを解散していた後であれば再集結は難しいことも多く、改善に時間がかかる場合もあるようです。

http://www.yomiuri.co.jp/science/photonews/article.html?id=20160719-OYT8I50027

また、各種プログラムのレスポンスについては選定したハードウエアでは限界であることもあり、改善しないというケースもあります。


関連リンク

  • タイトル21

    一般的に小規模なプロジェクトでも一人で開発するということは少なく、複数のプログラマで開発をすることが多いと思います。その際、ただ単に機能毎に人を割り振るやり方もありますが、設計を適切に行い、テスト重視で開発を行なうことが多くなってきています。...

  • タイトル22

    システム開発は以前とは違い、他社のライブラリでもフレームワークでもライセンス上使えるものはどんどん採用して開発スピード、効率を上げることが重要であると考えられるようになっています。そのため、以前では考えられなかったオープンソースプロジェクトの成果物でも率先して利用するプロジェクトが増えています。...