システムの仕様とプログラム

オリジナル見出し01

仕様書はシステムにおいて最重要とも言えるドキュメントです。
発注者からの要望をまとめ、コンピュータで実現するためのプログラムの土台となるものです。
仕様書には扱うデータ、データの処理方法、エラー時の対応方法などが事細かく書かれます。

全体像が分からずとも作れる理由はここにあります。


システムは複雑に絡み合ったモジュールでできていることが多いですが、各モジュール間の関係性は薄ければ薄いほどよいと言われています。


これは疎結合とも呼ばれ、他のモジュールに影響を受けやすいモジュールだと開発も大変になりますし、障害時にも切り分けが難しくなります。仕様書は他のモジュールとは関係なく、データのやり取りのみ、もしくは単独で動くまで小さくした上で設計されます。

システムが巨大でもプログラマ一人あたりの開発数を出来る限り小さくすることが目標とされています。

小さな塊はモジュールと言われますが、仕様書を見た段階で不具合に気づく場合も少なくありません。

この場合、プログラマは不備を指摘しますが、合わせて修正案も提示が求められることがありますが、疎結合のために修正してもデータの入出力に問題がなければ採用されることがお多いようです。

仕様が疎結合でなく、他のモジュールと関係性が強い場合にはプログラマの段階では修正ができないことも多いのですが、仕様書としてはあまり良くない状態と言われることが多いようです。
この場合は修正に時間がかかることになりますシステムの大小に関わらずデータベースは広く利用されていることが多いです。


システムにおいてデータベースの役割はデータ保存ですが、最近ではデータ保存だけではなく、データの加工についても利用方法が増えてきています。


データベースを利用する際に便利な機能としては検索機能があります。

データベースの検索機能は主に決められた検索キーワードによってデータを見つけてくることですが、昨今のビッグデータとも関連して、さらに詳細な検索が可能となっているデータベースが増えています。

また、数GBから数TBのデータを一気に検索してデータを見つけてくるようなシステムも多数稼働するほどデータベースの性能が向上しています。システム開発の側にしても便利なデータベースですが、さらに効率よく使うためのライブラリも各種揃ってきています。

以前はデータを大まかに拾ってきて、加工においてデータを適切に取捨選択することが一般的でしたが、現在ではライブラリの能力が上がってきており、データの取得が効率よく、また、意味のあるデータを適切に拾ってこれるようになっています。そのため設定がよければデータ取得後に加工せずに帳票印刷に回せるほど便利になっています。

人気なマイナンバーソリューションの情報ならこちらで掲載されています。







調達アウトソーシングについて知りたいならこちらのサイトは便利です。

http://biz-journal.jp/2012/10/post_888_2.html

http://girlschannel.net/topics/874686/

http://allabout.co.jp/newsdig/w/62112/2/

関連リンク

  • タイトル21

    一般的に小規模なプロジェクトでも一人で開発するということは少なく、複数のプログラマで開発をすることが多いと思います。その際、ただ単に機能毎に人を割り振るやり方もありますが、設計を適切に行い、テスト重視で開発を行なうことが多くなってきています。...

  • タイトル22

    システム開発は以前とは違い、他社のライブラリでもフレームワークでもライセンス上使えるものはどんどん採用して開発スピード、効率を上げることが重要であると考えられるようになっています。そのため、以前では考えられなかったオープンソースプロジェクトの成果物でも率先して利用するプロジェクトが増えています。...