システム開発の考え方

オリジナル見出し01

システム開発といえばどこから手を付けていいか分からないという方も多いようですが、手順を踏み、人員と時間をかければ実現可能なことが多いです。

手順については主に4つに分けられます。
最初は聞き取りです。発注者が何を求めているのかを把握し、実現可能な案件として提案します。発注者さんの同意が取れれば実際のコーディングための準備を行います。

コーディングには仕様書が必要ですが、仕様書を作る作業担当者は発注者と同意した内容を元に外部から設計していくことが多いようです。設計では画面の設計から始まり、場合によっては動作させるサーバなどの選定もこの段階で行われます。
コスト面との兼ね合いもあるのでサーバについては余力がそれほど無いサーバとなることもあり、その場合にはコーディングにかかる負担が増えることになります。

外部設計が終わるとコーディングのための設計を行います。

コーディングにはシステムの全体像を把握しておくことが理想ですが、実際には担当するモジュールのみを見る場合がほとんどです。
複数のモジュールが連携する場合でも連結テストにプログラマが立ち会わないこともあり、システム開発において横の連携をどこまで取れるのかも重要なチェック項目です。
コーディングが終われば各種テストが行われます。

テストは開発会社側で動作テストまで行い、運用テストは設置場所で行なうのが一般的です。

運用テストではマニュアルも用意され、実際の稼働状況を再現して行なわれる事となりますオープンソースプロジェクトの成果物のデータベースを利用するシステムが増えています。

データベースは信頼性が重視されますのでこれまではミッションクリティカルであればあるほど市販のデータベースが利用されるケースが多かったようです。
そのため、オープンソースプロジェクトのデータベースはWEBで動く小規模なサービス用に利用されることが多かったようです。
しかし、現在のオープンソースプロジェクトのデータベースはミッションクリティカルなシステムでも採用されることが多くなり、信頼性、速度、冗長性なども市販のデータベースに負けない性能があることが多く、採用例が増えています。
システムで利用されるオープンソースプロジェクトのデータベースとしてはMysqlとPostgresqlが多いです。

特にMysqlについてはWEBアプリでも採用例が多く、現在ではOracle社のサポートも得られることからシステムでの採用例が急増しています。

PostgresqlについてはMysqlよりもバッチ処理などに強いと言われており、以前からシステムでの採用例が多かったデータベースです。


どちらのソースコードが公開されていますので自身で不具合を解消できますし、追加機能も可能です。


また、Postgresqlについても商用サポートしてくれる企業が多くなっていることから開発プロジェクトで採用しやすくなっています。



マイナンバーBPOの最新情報ならこちらを参考にしてください。

マイナンバー収集情報を利用しましょう。







http://okwave.jp/qa/q4200958.html

http://qa-top.tsite.jp/faq/show/40?site_domain=qa-discas

関連リンク

  • タイトル21

    一般的に小規模なプロジェクトでも一人で開発するということは少なく、複数のプログラマで開発をすることが多いと思います。その際、ただ単に機能毎に人を割り振るやり方もありますが、設計を適切に行い、テスト重視で開発を行なうことが多くなってきています。...

  • タイトル22

    システム開発は以前とは違い、他社のライブラリでもフレームワークでもライセンス上使えるものはどんどん採用して開発スピード、効率を上げることが重要であると考えられるようになっています。そのため、以前では考えられなかったオープンソースプロジェクトの成果物でも率先して利用するプロジェクトが増えています。...