システムの機能の洗い出しについて

オリジナル見出し01

システムは良い物にして欲しいと発注者、開発者とも思っていますが、コミュニケーション不足があるとすぐに問題のあるシステムになってしまうので注意が必要です。


コミュニケーション不足が引き起こす問題のさいたるものが機能の洗い出しの失敗です。
システム開発において、一番最初に行なうのが発注者との打ち合わせでの機能の洗い出しです。
話し合いでは新しいシステムのための機能やコスト、納期について話し合いが行なわれます。

どの項目もしっかり洗い出しをしないと完成後に追加コーディングが必要になったり、納期が遅れてしまう場合もあります。

特に機能については実際に使う人間にも立ち会ってもらうことが大切です。

長年使っているシステムがある場合には機能の変更がどの程度必要なのか、不足な機能があるのかについて、また、業務に新規で導入される場合にはどのような機能が必要とされているのか、実際の業務内容も含めて調査する必要があります。

特にベテラン社員が利用する場合には長年の経験を機能として実装できないかを検討すべきです。また、経験を実装できない場合には納品後に使いにくさとして問題が発生することもあるので注意が必要です。

また、パソコン等に詳しくない現場での導入の場合もありますが、この場合は契約前にサポート要員を派遣する費用が出せるかを検討することが必要です。
どのプロジェクトでも現場に合わせてカスタマイズが必要になりますので工期に追加しておくことが大事ですWeblogicは古くから開発されているアプリケーションサーバの一種です。もともとBEAシステムズが開発、販売していましたが、現在ではOracle社が開発販売を行っています。

Redhatと言えばデータベースで有名な会社ですが、開発能力が高いことでも有名です。
そのため、Weblogicを買収した後も着実に開発を行っており、利用者が増えています。


データベースなどの販売開発がメインのOracleですが、アプリケーションサーバを得たことでシステム開発環境全般をサービスすることができるようになりました。Oracle社の提案するシステム基盤はアプリケーションサーバを中心としたタイプよりはデータベースをいかにうまく使うかに特化させた、データありきのシステムとなることが多いようです。
現在ではビッグデータなど、眠っていた多数のデータの再利用がさけばれていますが、Oracle社ではどのような規模にも対応できるデータベースを中心に安定したアプリケーション環境をWeblogicで対応させるように販売されています。また、Weblogicのオープンソース版という位置づけでGrassfishもあります。
Grassfishは大規模開発にも耐える冗長性と安定性を兼ね備えたアプリケーションサーバです。

調達BPO情報探しの最新サイトをご用意いたしました。

マイナンバーサービスに関する問題解決をサポートいたします。

飲食店の経営の情報サイトはこちらです。



携帯アドレスの販売情報を利用してみませんか?



http://www.yomiuri.co.jp/science/photonews/article.html?id=20160719-OYT8I50027

http://qa-top.tsite.jp/category/show/2979?page=11&site_domain=qa-discas&sort=sort_new

関連リンク

  • タイトル21

    一般的に小規模なプロジェクトでも一人で開発するということは少なく、複数のプログラマで開発をすることが多いと思います。その際、ただ単に機能毎に人を割り振るやり方もありますが、設計を適切に行い、テスト重視で開発を行なうことが多くなってきています。...

  • タイトル22

    システム開発は以前とは違い、他社のライブラリでもフレームワークでもライセンス上使えるものはどんどん採用して開発スピード、効率を上げることが重要であると考えられるようになっています。そのため、以前では考えられなかったオープンソースプロジェクトの成果物でも率先して利用するプロジェクトが増えています。...