Window系のデータを扱うシステム

オリジナル見出し01

システム開発ではOSが固定されることが多く、Windows系のシステムならWindowsでOSが固定されるのが通例だったのですが、現在では利用する場面において最適なOSが利用されるようになっています。
そのため、Linuxで業務システムを組んだ場合でもWindows系のOSをクライアントにおいたり、データベースをWindows系のOSの上で走らせることも多くなっています。

また、データのやり取りにしてもOSの垣根を超えてやりとりが行われることが多く、特にLinux系のシステムでもWindows系のデータを扱う機会が増えています。

Windows系のデータを扱う際に問題となるのがExcelやWORDのデータです。


これまでExcelのデータを扱う際にはCSVに一旦変換したあと利用されることが多かったのですが、オープンソースプロジェクトの成果物を使えば直接ExcelやWORDのデータにアクセスすることが可能になっています。場合によってはExcelファイルやWORDファイルを作成することも必要になりますが、作成についてもLinux上で動いているシステムから出力することが可能になりました。
ExcelやWORDのファイルは癖が強いことでも有名で、ノウハウがないとなかなか読み取り、書き取りのプログラムはかけないと言われていますのでライブラリとして用意されていれば格段に工期が減り、また、間違いのない利用が可能ですシステムテストは各プログラマが納品し、結合テストに合格した後で行なわれるテストです。

結合テストではコンポーネントごとに行なわれることが多く、システム全体はまだ稼働していません。システムテストでは実際に使用するハードウエアにインストールして動作確認が行なわれます。動作確認については仕様書通りに稼働するかがチェックされます。

仕様書ではデータの流れについても記載されていますので入力データや出力されるデータの一連の流れについてもチェックが行われます。
もし、システムが単体で動かず、他のシステムとの連結が必要な場合はこの時点でチェックとなります。

通常、結合テストまでしっかりできていれば問題ないことが多いのですが、よく出てくる問題としてはパフォーマンスが仕様書通りに行っていない、エラーデータが多く出るなどがあります。

エラーが出た場合は比較的早く問題箇所を見つけることができるのですが、パフォーマンス不足の場合はすぐに答えが出せないことも多いようです。

この場合はトレーサープログラムなどを新規に使ったり、メモリダンプなどで調査することが多いようですが、この段階までくると納期まで時間が無いことが多く、人員の残業も増えてくる場合が多いです。


このようなことを防ぐためには結合テストの段階でパフォーマンステストも入れておくことが大事です。









オンリーワンのGoogle Maps APIs Premium Planに関しての情報が閲覧できます。

http://smany.jp/tag/2081

http://news.biglobe.ne.jp/exarticle/it/2015/1122/bd814bb.html

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n377794

関連リンク

  • タイトル21

    一般的に小規模なプロジェクトでも一人で開発するということは少なく、複数のプログラマで開発をすることが多いと思います。その際、ただ単に機能毎に人を割り振るやり方もありますが、設計を適切に行い、テスト重視で開発を行なうことが多くなってきています。...

  • タイトル22

    システム開発は以前とは違い、他社のライブラリでもフレームワークでもライセンス上使えるものはどんどん採用して開発スピード、効率を上げることが重要であると考えられるようになっています。そのため、以前では考えられなかったオープンソースプロジェクトの成果物でも率先して利用するプロジェクトが増えています。...