タスク処理のシステム

オリジナル見出し01

タスク処理のシステムについて書こうと思っています。


もともとコンピュータにおけるタスク処理とは、ひとつの事柄を分散しながら行う方法の考え方です。
つまり、あるアプリケーションが背後に回って処理を行い、別のアプリケーションが手前で別の処理を行うときに同時処理を行うと言うものです。


これに関して反意的な言葉にあるのがジョブ処理です。


ジョブ処理と言うのは、複数のアプリケーションに優先度を持たせ、一アプリケーションが完了して初めて次のアプリケーションに処理が移行する。


このたまったアプリケーションはキューと言う言葉で蓄えられている。

と、こうなるわけですが、Windowsではマルチタスクとなっており、それはOSの強制的分散処理と、アプリケーション内での指定時間ごとによる分散、タイマーと言う言葉を用いますが、それによって行われています。


膨大な計算処理をさせるアプリケーションを実行中に、別のアプリケーションを立ち上げて動かしているときなど、まさにこれです。

また、常駐処理などの小型のアプリケーションもこれに近いのですが、非常に細分化されており、どれがどれかと必ず言い当てる事は少し難解です。


概要だけでも理解してください。

次に大型コンピュータですが、これはタスク処理をハードウェアで持ち合わせています。
つまり、マルチタスクを意識することなくプログラミングしても、機械の構造上自動的に分散して別アプリケーションに移行するシステムとして設計されています。このようにして、複数のアプリケーションを同時に行えるようになったのが、MS-DOSとWindowsとのシステム上の大きな違いともいえます。システム開発には多数の人員が参加しますが、どのレベルの人員であってもそれぞれにゴールを定めていないとシステム開発はうまく進まないと言われています。

ゴールの設定については要求定義書によって行なわれますが、案件によっては要求定義が不完全なまま見切り発車するケースも少なくないようです。
このような場合はゴールが設定できずに現在の進捗が遅れているのか順調なのかはっきりしないというケースとなり、結果としてチームのモチベーションが下がったり、工期が延びたりする原因となることが多いようです。


要求定義がしっかりしている場合でも外部設計や内部設計の段階でコンポーネントに分割を失敗したり、人員配置を失敗すると進捗がうまく伸びていかない原因になることも多いようです。


システム開発におけるゴールはそれぞれのレベルで異なります。

プロジェクトマネージャーレベルではシステムの納品がゴールですし、プログラマレベルでは各モジュールの完成もしくはテスト合格がゴールかもしれません。
各レベルでゴールを適切に決められるように要求定義から各設計担当者の技量が問われてきます。

人員配置であるシステム開発ではコンポーネントの他にネットワーク担当やデータベース担当などそれぞれに人員を配置しますが、必要な工期や人員が変わってきますので経験がものを言うことが多いようです。



マイナンバーBPO情報に関するかしこい運用法をチェックしてください。



GoogleMapsAPI関する情報選びにぴったりの情報を提供いたします。



http://news.biglobe.ne.jp/topics/it/1024/49196.html

http://smany.jp/6061

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/9085737.html

関連リンク

  • タイトル21

    一般的に小規模なプロジェクトでも一人で開発するということは少なく、複数のプログラマで開発をすることが多いと思います。その際、ただ単に機能毎に人を割り振るやり方もありますが、設計を適切に行い、テスト重視で開発を行なうことが多くなってきています。...

  • タイトル22

    システム開発は以前とは違い、他社のライブラリでもフレームワークでもライセンス上使えるものはどんどん採用して開発スピード、効率を上げることが重要であると考えられるようになっています。そのため、以前では考えられなかったオープンソースプロジェクトの成果物でも率先して利用するプロジェクトが増えています。...