ソフトウェア開発を多人数でする

オリジナル見出し01

一般的に小規模なプロジェクトでも一人で開発するということは少なく、複数のプログラマで開発をすることが多いと思います。



その際、ただ単に機能毎に人を割り振るやり方もありますが、設計を適切に行い、テスト重視で開発を行なうことが多くなってきています。



ソフトウェア開発ではもともと個人の能力に重点を置いた開発が行われることが多かったようですが、能力がずば抜けていなくても適切に保守が可能なソフトウェア開発が可能なように環境が整いつつあります。

複数人でソフトウェアを開発するにはツールとしては2つ最低限必要と言われています。



1つはテスト環境の自動化、もう1つは情報共有ツールです。



テスト環境については一般的にJUNITなど単体で使う物が多いのですが、これらをまとめ自動でテストをしてくれる環境が整いつつあります。



しかも、プログラマの邪魔をせずに行ってくれます。


自動化をするにはコーディング規約を適切に決めていくことが重要ですが、昨今のプログラミング言語に合わせて多くの企業が規約を公開してくれています。


また、情報共通ツールについては、複数人で行えるチャットをよく使い、また、掲示板などもスケジュール管理から不具合修正まで広く利用することができるようになってきてます。
さまざまなツールを使い、重要な情報を共有することでチーム内での不具合の連鎖を防ぎ、また、無駄なコーディングを防ぐことができると言われており、さまざま方法が議論されていますパソコンでタイピングする際にさほどスピードにこだわることがなく、音声で文章を入力することが出来れば良いと考えている人にとっては音声入力ソフトウェアはかなり使えます。
しかし、タイピングを超えるスピードを追求する人にとっては音声入力ソフトウェアは問題点が結構多いので、まだまだ技術の進歩を待つ必要があります。

まず、問題点となるのは修正する機会が多いことです。


学習機能が備わっているソフトウェアだと、自分の発音から言葉を学ばせることが出来ますが、それでも修正する機会は割と多いです。

タイピングのプロにとって、文章を修正しながらタイピングすることは別に大きな問題でもなく、ミスの回数が元々少ないことやタイピングする根本的なスピードが早いことから、あまり気になることではありません。しかし、音声入力ソフトウェアの場合は修正に時間がかかります。



もちろん時間がかかると言っても数秒の世界の話ですが、それでもタイピングの修正に比べると格段に効率が悪くなります。


修正する回数を減らすためには自分の話し方が上手になることが一番大事であり、この点でレベルが上達すると現状のソフトでも使えないことはありません。



しかし、ある程度使い続けると、修正回数を減らすことを意識するため話すスピードが遅くなることから、結局はタイピングの方が早いことが多いです。



唯一の利点は、どれだけ長時間文章作成を継続しても疲れないことです。
この点だけは本当に利点です。

関連リンク

  • タイトル21

    一般的に小規模なプロジェクトでも一人で開発するということは少なく、複数のプログラマで開発をすることが多いと思います。その際、ただ単に機能毎に人を割り振るやり方もありますが、設計を適切に行い、テスト重視で開発を行なうことが多くなってきています。...

  • タイトル22

    システム開発は以前とは違い、他社のライブラリでもフレームワークでもライセンス上使えるものはどんどん採用して開発スピード、効率を上げることが重要であると考えられるようになっています。そのため、以前では考えられなかったオープンソースプロジェクトの成果物でも率先して利用するプロジェクトが増えています。...