ソフトウェア開発で使うツール

オリジナル見出し01

ソフトウェアは開発用の言語を使って作ります。一般的には開発用の統合環境が用意されていることが多く、それらを使って作り、不具合がないかチェックも行います。

開発環境には大きく分けて3つの役割があります。

オーディオブックに関するお役立ち情報サイトです。

1つはエディタ。



開発言語は長い構文を書いたりしますのでエラーチェック、予測変換機能、APIなどの色分け機能が重要になっていきます。プログラマーによってはさらにカスタマイズして利用する場合もあります。

そのため、エディタ機能は柔軟でさらに軽くなくてはいけません。
2つめはコンパイラとlinkerです。


高級言語と呼ばれる開発言語でコーディングしていきますが、これらの言語はそのままではコンピュータは理解できません。



必ずコンパイラを使ってコンピュータの分かる言葉に翻訳し、合わせて必要なライブラリなどをlinkerでまとめ上げることが必要になります。
この作業はコンパイラのでき次第で速度が変わり、ソースコードの規模にもよりますが、数分から場合によっては数時間かかる場合もあります。
また、賢い変換をしてくれる場合は完成後の動作速度も早いことが多いので性能には十分注意されて作成されることが多いツールです。



3つ目はデバッガーです。

ソフトウェア開発ではコンパイラーがエラーを出さなくても、利用者にとってはエラーであることがあります。

飲食店の売上の最新情報を掲載しています。

その場合はソフトウェアでエラーをだしても良いのですが、詳細な状況を確認するためにデバッガーと呼ばれるツールを使ってソースコードを再確認する作業が行われることが多いですセキュリティといえばコンピュータでのことと思われがちですが、多くの場合ソフトウェアの不具合を漬け込まれてセキュリティを突破されることが多くなっています。

特にサーバ系のセキュリティはソフトウェアの不具合を潰していく作業とも言えます。

https://allabout.co.jp/gm/gl/28644/

ソフトウェアのセキュリティを強化するには主にメモリ関連、データの入出力のチェックが行なわれます。

メモリについては無理なメモリの利用をわざと起こしてメモリがあふれているところを狙うことが多くなっています。メモリが溢れている状態ではコンピュータ側でも処理が追いつかなくなり、他のプログラムにも接触しやすくなります。

そのため、メモリ管理が怪しい場合にはソフトウェアのアップデートで修正することが重要です。

http://matome.naver.jp/topic/1M5KR

データの入出力についてはデータの読み取り時にプログラム側でご動作する場合はプログラマが意図しない行動がおき、セキュリティが突破されてしまう原因となります。

中にはデータの入出力の機能を悪用してデータベースからデータを不正に抜き出したり、他人になりすまして行動するなど悪質なものの多数あります。

https://allabout.co.jp/gm/gc/460631/

ソフトウェアのセキュリティは不具合と関連することが多いですがテスト不足であったり、そもそもメモリを溢れさせたり、不正なデータを取り込める用にしていることに気づかずに公開されているソフトウエアも多数あります。

関連リンク

  • タイトル21

    ソフトウェアは以前と違い誰でも作れる環境ができています。ソフトウェアと言っても銀行で使われるような厳格で巨大なソフトウェアからインターネットブラウザなどで文字を表示するものまで多彩です。...

  • タイトル22

    パソコンを快適に動作させる上で最も重要なのが、ドライバソフトウェアの更新です。これはパソコンそのものや、接続した周辺機器を正しく動作させるのに必要なもので、多くの場合はパソコンや周辺機器にCDなどで添付されていますが、時々更新も行われています。...